Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2017.05.07 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代 アダム・グラント 箸

こんばんは。

最近読んでいる本をご紹介します。
GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代
アダム・グラント箸

「ギブ&テイク」とは、この世の中を形成する
当たりまえの原理原則に思える。しかしこれからの時代、
その“常識”が果たして通用するのかどうか
ー著者の問題提起が、アメリカで大論議を巻き起こしている。

人間の3つのタイプである、
ギバー(人に惜しみなく与える人)、
テイカー(真っ先に自分の利益を優先させる人)、
マッチャー(損得のバランスを考える人)。


このそれぞれの特徴と可能性を分析したするどい視点。
世界No.1ビジネス・スクール「
ペンシルベニア大学ウォートン校」史上最年少終身教授、
待望のデビュー作!!

この本はかなりすごいです。やばいです。
スマホに入れて、通勤の電車の中で少しずつ読んでいます。

著者アダム・グラントはウォートン校教授で 組織心理学者。
1981年生まれで同大学史上最年少の終身教授。

こんなに若くて有能な人が教壇に立つウォートン校はやっぱり凄い。
学生がうらやましいです。
組織心理学は組織に属する人にマストな本だと思いました。
組織は会社とは限らないので、仕事を持っているいないに
関わらず、おすすめです。

この本を読んで、ギバーの年上の友だちを思い出し、
早速本の紹介をしました。

彼女はまさに私が模範としている素敵な女性。

先に与えてくれる彼女のギバーの精神に刺激を受けて、
彼女のために私が出来ることは何かといつも
考えさせられます。

ギバーは先に与えることで、多くを受け取ることが
出来る人たちなんだろうなと思います。

実際に彼女はたくさんの人から恩恵を受けています。
彼女にNOは言いづらい。 困っていたら助けてあげたくなる。
なぜって、たくさん彼女が与えてくれるから。

一方で先に奪おうとするテイカーはよく見かけますが、
テイカーのために何かをしようとは思いづらい。
一緒にいるだけで気分を害することさえあります。

真のギバーになることは簡単ではないですが、
テイカーにならないように意識する日々です。

まだ全部読み終わっていませんが、印象的だったの 
「ギバーは他者を幸せにしながら成功をつかむ」。

ギバーにならない理由が見つからないですよね。

そして「与える行為はグループ内に連鎖反応を引き起こす

素晴らしい本に出会えたことに感謝しつつ、
触りをご紹介させていただきました。

興味がある方はぜひ手に取ってみてくださいね。

☆目次☆
PART1 あなたは、まだ「ギブ&テイク」で人生を決めているのか
    いま「与える人」こそ、幸せな成功者となる
・誰が「成功のハシゴ」をのぼるのか──ある投資家のストーリー
・やり手の起業家が選ぶ相手とは
・ビジネスは「大きなチーム」で動いている
・報酬が百倍になったアドバイザー
・お金と幸せ、どちらを優先するか

PART2 「名刺ファイル」と「フェイスブック」を見直せ
    「与える(ギバー)人」の才能 「ゆるいつながり」という人脈づくり
・一人の男が大企業を破綻に追い込む
・仮面をかぶった「泥棒」は誰だ
・写真を見ただけでわかること
・SNSの情報はこう活用する
・「コンピュータ・オタク」が世界一の“人間関係”を築く時代
・人と会うまえに考えておきたいこと
・こんな「ちょっとしたお節介」の効果
・「休眠状態のつながり」とは
・「五分間の親切」からすべてがはじまった
・この発想ができる人こそ求められている

PART3 チームの総力を活かせる人
    「与える(ギバー)人」の才能 利益の「パイ」を大きく増やす働き方
・『ザ・シンプソンズ』のすごい仕掛け人
・いまや「仕事ができる」のは、こんな人たちである
・あの偉大な建築家の「黒い人生」
・才能ある人が、なぜ凋落(ちょうらく)するのか
・「僕は優れた一兵卒になりたい」
・優秀だから尊敬される人、妬(ねた)まれる人
・手柄を“独り占め”にする心理
・人を動かす人が、必ずやっていること
・「自分という箱」から出る方法
・結婚祝いの品はハズレが多い──なぜか

PART4 荒野で“ダイヤモンド”を見つける法
    「与える(ギバー)人」の才能 可能性を掘り出し、精鋭たちを育てる
・大統領の“側近”に選ばれし男
・「スター」を育てる確実な方法
・原石は“見つける”のではなく“磨く”
・「天賦(てんぷ)の才」は生まれつきのものか
・「隠れ役立たず」を見分ける
・名選手をつくるコーチのやり方
・こんな「プライド」と「メンツ」は捨てなさい
・人間は“才能”で決まるのか
・マイケル・ジョーダンの「史上最悪の失敗」

PART5 「パワーレス」の時代がはじまった  
     「与える(ギバー)人」の才能 「強いリーダーシップ」より「影響力」
・その弱点は「大きな強み」になる
・スーツにコーヒーをこぼしただけなのに
・トップ営業マンの、すごい「逆転の発想」
・眼鏡販売店での「驚きの実験」
・投票率を一気に上げる「このひと言」
・知らずしらずのうちに心をつかむ「説得術」
・身につけるべきは「質問力」
・「他人に好かれる人」の行動
・なぜ「下心」はバレるのか

PART6 「与える人」が気をつけなければならないこと   
    「成功するギバー」の、したたかな行動戦略
・やる気に火がつく「エンジン」とは
・“全米ワースト1の学校”を救うために
・「意味のない仕事」に誰もが燃え尽きる
・人助けは「まとめてやる」
・「百時間ルール」を決めておく
・「自己犠牲」から「楽しみ」へ
・まるで「心の筋肉」を鍛えるように
・それは大金持ちになるための「一番の近道」

PART7 気づかいが報われる人、人に利用されるだけの人   
     「いい人」だけでは絶対に成功できない
・踏みつけられる人、大事にされる人
・「愛想のよさ」ほど当てにならないものはない
・「共感の罠」から抜け出す法
・「テイカー」と、どうつき合えばいいのか
・「○○さんのために」がすごい力を生む
・この“ひと押し”が昇給を勝ちとる
・「いい人症候群」という落とし穴
・「ギブ・アンド・テイク」の形は一つではない

PART8 人を動かし、夢をかなえる「ギブの輪」    
   未来を変える「因果応報」のルール
・「ズルい人ほど得をする」──それは本当か
・人間が「お互いを助ける」理由
・難しい商談を勝ちとった“切り札”
・二人の「アダム・リフキン」
・人が節電に走る「意外な動機」
・相手の望みをかなえ、自分の欲しいものを手に入れる
・「テイカー」を「ギバー」に変えられるか

PART9 「成功への道」を切り拓(ひら)く人たち  あとに続くのは誰だ
・頭のいい人ほど早く行動している
・「与える人」は“その一歩先”を見る

  • 2015.02.25 Wednesday
  • 本☆(ビジネス書)
  • 22:47
  • comments(0)
  • -
  • -
  • by Kay

2015年2月11日 ジェームス・スキナーのセミナーに参加

こんばんは。
今日は祝日でしたが、一日セミナーに参加していました。


ジェームス・スキナーは昨年秋のセミナーズフェスタで 初体験して、
今回で2回目。 誘ってくれた友だちに感謝!

ジェームス・スキナーとは7つの習慣を日本に紹介した人。


テーマは「人生の選択」
理想の人生を選び手に入れる


日本語がめちゃくちゃ上手で、ユーモアのセンスも たっぷりで、
終始笑いが絶えない楽しいセミナーでした。

感動するシーンや考えさせられる場面も多かったです。

ぜひ生で体験していただきたいセミナーですが、
一部ワークのシェアをしますね。

あなたのこれからの人生は白紙。
何を書くのも自由。
何でもありだったら、あなたはどういうふうにしたいですか?
1000個書くつもりで!
可能であるかどうかは考えない。
そうなりたいかを考える。
書かないことは起きない。


お金がないから、時間がないからできない、なんて
ことは考えずにどんどん書いてみたら、
ノート1ページ分はなんとか埋めました。
楽しい気分になるので、たまに行うと良いかも!

今日私が参加した1DAYセミナーでも
紹介されていた4日間成功の9ステップ。
参加者をステッパーと読んでいました。

セミナー参加の前にまずは本を読むのもいいですよね。

図解成功の9ステップ あなたの夢を実現させる ジェームス・スキナー


お金の化学


電子書籍も発見。


お風呂に入って、寝る準備をします!

明日も良い一日になりますように。


  • 2015.02.11 Wednesday
  • 本☆(ビジネス書)
  • 23:06
  • comments(0)
  • -
  • -
  • by Kay

『課金ポイントを変える 利益モデルの方程式』 川上 昌直 著

こんばんは。

すすめられて最近読んだ本をご紹介します。
大企業ではない99%のチャレンジャーに向けて
書かれた良書です。

ビジネスモデルについて再考したい方、
新しいビジネスを考えている方におすすめです。

『課金ポイントを変える 利益モデルの方程式』 川上 昌直 著

Introductionにはこう書かれていました。

「お客様の満足」からいったん離れて、
「利益の取り方」から先に考えてみませんか。

最近、非常識なほどの安い値段か、もしくは無料で
商品やサービスを提供する一部の新興企業が、
莫大な利益を上げています。その理由を探ると、
お客様に寄り添いながらもお金をもらう機会を拡げていく
「課金ポイントの変更」が原動力であると気づきます。

本書では、「課金ポイントを変えて成功した」
企業の実例について、AMAZON、
タイガー コペンハーゲン、LINE、ネスレ日本、
CCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)などを
取り上げ、詳しく解説していきます。

あわせてフリーミアム、マルチコンポーネント、
三者間市場(Google戦略)、ピラミッドパターン、
サブスクリプション(定期支払)など、
新しい儲け方のパターンについても、
ひと通り紹介していきます。

「お客様を満足させていながら、儲かっていない」
既存のビジネスモデルはすぐにリセット。
課金ポイントを工夫してトップ企業とは別の土俵で
戦う新しいメソッド「利益モデル」の組み立て方について、
一緒に考えていきましょう。

以下、自分用メモ。

最近覚えたテーブルも使ってみました。
まだまだ手探りですが・・・。

本書のポイントは下記の3つ。
「誰」から 「何」で 「どのような」時間軸で 儲けるのか

「9セルマトリクス」
          ↓ビジネスに必要な疑問
Who What How
顧客価値 どんな片付けるべき用事をもった「人」か? 解決策として
「何」を提供するか?
代替策との違いを
「どのように」表現するか?
利益 「誰」から儲けるのか? 「何」で儲けるのか? 「どのような」時間軸で儲けるのか?
プロセス 「誰」と組むか? 強みは「何」か? 「どのような」手順でやるのか?
↑ビジネスをつくり出す要素

プロセスによる実現性の担保
Who What How
顧客価値 顧客の用事→ ←解決方法 代替との違い
利益 課金相手 ↑START
←課金対象
↓利益完結
プロセス 補完パートナー ←強み・弱み ←実現フロー

1 ロジックA:最強にして最難関の「単品売り切り型」
2 ロジックB:顧客とのお付き合いを前提とする儲け方
3 ロジックC:損して得取る収穫法
4 ロジックD:導入しやすくしてお付き合いを長くとる
5 ロジックE:同じサービスでも人によって価格が異なる
6 ロジックF:お金を支払ってでもアップグレードしたくなる
7 ロジックG:お付き合いする理由は顧客によって異なる
8 ロジックH:複雑ゆえに模倣困難な儲け方
Who What How
ロジックA 全員から儲ける 全商品で儲ける 同時に儲ける
ロジックB 全員から儲ける 全商品で儲ける 時間差で儲ける
ロジックC 全員から儲ける 儲ける商品と儲けない商品 同時に儲ける
ロジックD 全員から儲ける 儲ける商品と儲けない商品 時間差で儲ける
ロジックE 儲ける相手と儲けない相手 全商品で儲ける 同時に儲ける
ロジックE 儲ける相手と儲けない相手 全商品で儲ける 時間差で儲ける
ロジックG 儲ける相手と儲けない相手 儲ける商品と儲けない商品 同時に儲ける
ロジックH 儲ける相手と儲けない相手 儲ける商品と儲けない商品 時間差で儲ける

顧客の活動チェーン
購入ステージ
問題認識→テーマを絞る→キーワードを念頭に→解決方法を探す→購入

用事解決ステージ
使う→マスター→用事解決

継続ステージ
メンテナンス→廃棄→アップグレード

活動チェーン上にまだ見ぬ商品・サービスを当てはめてみる
一般的な商品・サービス
(購入してもらうためにどの企業もやっていること)
問題認識→テーマを絞る→キーワードを念頭に→解決方法を探す→購入

期待されている商品・サービス
(顧客が求める最低限の要求にこたえる)
使う→マスター

拡張的な商品・サービス
(顧客の期待を上回る)
用事解決→メンテナンス

まだ見ぬ商品・サービス
(すべてがフォローされている)
廃棄→アップグレード

何度も読み直したい本ですが、
以上最低押さえておきたいメモでした。

目次
はじめに
第1章 儲ける仕組みに変わる
SECTION01 あなたのビジネスを儲ける仕組みに変える
1 もっと利益を
2 トップ企業と戦うための「利益モデル」とは
3 「情熱」と「冷静」を兼ねそろえる
SECTION02 革新的な儲ける仕組みが生まれない理由
1 利益ばかりを考える
2 顧客価値提案から抜けられない
3 お金を支払ってくれるのは目の前の顧客だけではない
SECTION03 儲ける仕組みの必要条件
1 顧客価値提案のWho-What-How
2 利益設計のWho-What-How
3 プロセス構築のWho-What-How
SECTION04 儲ける仕組みへと変える方法
1 構成要素のつながりを一目瞭然にする
2 オーソドックスな儲ける仕組みの作り方
3 オーソドックスの限界
4 非常識なデザイン法でイノベーションを起こす

第2章 業界のルールを変えた新しい利益モデルを徹底解剖
SECTION01 トップ企業とは別のビジネスモデルを組み立てよう
1 売上でなく利益で考える
2 顧客満足と利益のジレンマ
3 「単品売り切り」で利益を生めるのはトップ企業だけ
4 必要な利益を生み出せるか?
SECTION02 考え方のルール
1 イノベーションの方法論
2 ビジネスモデルのリバース・エンジニアリング
3 顧客価値と利益で考える
4 既存ビジネスのブラッシュアップの限界
SECTION03 利益イノベーションのはじまり
1 Amazon:書籍通販の再発明
2 タイガー・コペンハーゲン:デザイン重視と均一価格の合わせ技
3 LINE:課金ポイントの視野の拡大
4 利益イノベーションで成功するためのポイント
SECTION04 新しい利益の取り方が価値提案を変革する
1 ネスカフェバリスタ
2 CCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)
3 新しい課金ポイント
SECTION05 あなたの会社で利益が生まれない理由

第3章 ビジネスモデルを変える利益ロジック
SECTION01 非常識なビジネスモデルの思考法
1 煮詰まったら「利益」思考にシフトせよ
2 「儲け方」にはいくつものバリエーションがある
3 課金をずらす利益創出法
SECTION02 新たな課金方法は利益を生むのか?
1 サブスクリプション(定期支払)
2 三者間市場(マルチサイドプラットフォーム)
3 フリーミアム
4 マルチコンポーネント
5 ピラミッドパターン
6 カミソリの刃パターン(インストールタイプ)
SECTION03 利益設計のロジック(賢者の頭の中を探る)
1 「誰から儲けるか」を考える
2 どの商品・サービスで儲けるのか?
3 「誰」と「何」に「時間軸」を加える
SECTION04 儲けの8ロジック
1 ロジックA:最強にして最難関の「単品売り切り型」
2 ロジックB:顧客とのお付き合いを前提とする儲け方
3 ロジックC:損して得取る収穫法
4 ロジックD:導入しやすくしてお付き合いを長くとる
5 ロジックE:同じサービスでも人によって価格が異なる
6 ロジックF:お金を支払ってでもアップグレードしたくなる
7 ロジックG:お付き合いする理由は顧客によって異なる
8 ロジックH:複雑ゆえに模倣困難な儲け方
SECTION05 ひとまずロジックAから脱却せよ
1 王道からいったん離れてみる
2 ロジックAからの脱却

第4章 顧客の活動にシンクロさせて課金ポイントを仕込む
SECTION01 利益ロジックを変化させたビジネスモデル
1 ロジックBで模型販売をイノベーション
2 ロジックFで音楽ビジネスをイノベーション
3 ロジックBで伝統的な製造業のイノベーション
4 利益ロジックを変えて新たなビジネスをイメージする
SECTION02 マネタイズの裏にソリューションあり
1 モノから離れてソリューションを俯瞰してみる
2 顧客の一連の行動を見る
SECTION03 顧客の活動と課金を融合する
1 あなたがこの本を購入した背景を活動チェーンに落とし込んでみる
2 なにで課金をされているのか?
3 多くのビジネスでみられる顧客へのさまざまな課金
4 チャレンジャーはバリューチェーンで考えるな
SECTION04 オリジナルの課金方法を考え出す
1 思い切って全部で課金したらどうなるか
2 既存事業はどこで課金をしているのか?
3 行き詰まったら「自分ごと」から考える
SECTION05 利益が阻むイノベーションの壁を越える
1 ソリューション単位で総収益と総コストを合わせる
2 利益完結単位の設定

第5章ブレイクスルーの鍵は「サービス業的思考」にあり
SECTION01 「儲け」のキモは「サービス業的思考」にあり
1 どうしたら儲かるのか「ブレイクスルー」を探ろう
2 活動チェーン上にまだ見ぬ商品やサービスを当てはめてみる
SECTION02 失敗したプロジェクトのリバイバルを
SECTION03 ビジネスモデルの探求
1 プロセスによる裏付け
2 飽くなき顧客価値提案
3 いまこそ逆襲のとき

参考文献
電子書籍Koboでも買えますね。

  • 2015.02.10 Tuesday
  • 本☆(ビジネス書)
  • 22:53
  • comments(0)
  • -
  • -
  • by Kay

『1063人の収入を60日で41%アップさせた-目標達成する技術』マイケル・ボルダック 著

こんばんは。

今日も昨日に続いて、カナダ人のコーチ
マイケル・ボルダックの本をご紹介します。

1063人の収入を60日で41%アップさせた-目標達成する技術


『1063人の収入を60日間で41%アップさせた
人を動かす技術』
のブログはこちら。 

セミナーでも教えていただいた点など、
印象的だった箇所を書きだ出してみました。

第1章 人生の成功の80パーセントは心理面にかかっている!
行動を生む6つのニーズ
ヽ亮卒 不確実感 重要感
い弔覆りと愛 ダ長 貢献

第2章 あなたの感情をマスターしよう!
無意識レベルの学習  
行動の95%は無意識レベルで行っている
成功は80%が心理面、わずか20%が方法論
今の人生を評価する  
感情  肉体  人間関係  財政  
キャリアとビジネス  時間と自由  
環境  精神面  
*最も低いエリア、改善したいエリアを選び、
どういう状態になったら理想的か
心地よい状態というのは、成長することと反対のこと
成功している人は  
・痛みによってやる気が起きる  
・やる気によって行動を起こす  
・行動を継続するために、快楽の感情をいつもイメージする

第3章 一瞬で人生を変える!「質問」と「フォーカス」の力
質問とフォーカスの関係⇒フォーカス(思考の焦点)⇒感情⇒行動⇒結果 意味づけの力  
これはどういう意味なんだろう?  
それについて、私は何をすべきだろう?  
この出来事の良い点はなんだろう?  
この経験をどうやって生かせるだろう?
最高の質問  
この出来事から得られるギフトはなんだろうか?

第4章 あなたの可能性を最大限に引き出す!
人が成功するために必要な2つのこと  
正しい信念を持つこと、正しい方法で行動すること  
新しいレベルに行くためには、新しい信念が必要

第5章 状態をコントロールする!
最高の状態で毎日を生きる ○○のために、私はどんなことでもする!
心は自分で訓練できる
自分の脳を訓練する
まえがき
〜目次〜
第1章 人生の成功の80パーセントは心理面にかかっている!
第2章 あなたの感情をマスターしよう!
第3章 一瞬で人生を変える!「質問」と「フォーカス」の力
第4章 あなたの可能性を最大限に引き出す!
第5章 状態をコントロールする!
訳者あとがき
謝辞

  • 2015.02.01 Sunday
  • 本☆(ビジネス書)
  • 18:08
  • comments(0)
  • -
  • -
  • by Kay

『1063人の収入を60日間で41%アップさせた 人を動かす技術』 マイケル・ボルダック 著

こんばんは。

かつてアンソニー・ロビンズの元で働いていた
マイケル・ボルダックのセミナーに参加してきました。


友だちに誘われ、初めてマイケルの存在を知ったのですが、
クライアントを想いながら、しっかり学んできました。


事前に数冊読んだ本もシンプルでわかりやすいので、
今日はその中から、一冊をご紹介します。

1063人の収入を60日間で41%アップさせた
人を動かす技術 マイケル・ボルダック 著

読みやすく、実行に移しやすく、書かれていました。

この本の目的は以下2つ。
・短期間で「他人とのコミュニケーション能力」を身に付ける
・短期間で「自分とのコミュニケーション能力」を身に付ける

著者の生い立ちが凄まじくて、驚きますが、
あることが原因で言語障害に陥った著者が
心理学で、短期間でコミュニケーションの達人に
なった自身の経験に基づかれている模様。

セミナーもほんの内容もアンソニー・ロビンズと
 教えがかぶるところも多いなと思いました。

だとしても、わかりやすく書かれているので
良書だと思います。

本書の特徴は「他人とのコミュニケーション」だけでなく、
「自分とのコミュニケーション」を学ぶことができること。

目次を眺めるだけでも、だいたいの流れが
分かるのではないでしょうか。

〜人を動かす技術 目次〜 

まえがき 世界トップクラスしか知らない「コミュニケーション心理学」
−1 プロローグ 誰でもコミュニケーションの達人になれる 
〜なぜ私が誰とでも話せるようになれたのか?〜
コミュニケーションで思い通りの人生を   
・質の高い人生は質の高いコミュニケーションから生まれる   
・2カ月でコミュニケーションの達人に 
・コミュニケーションは結果を連れてくる 
成功は学べるスキル 
・勝者は作られる 
・2つの質問 
・大きな嘘 
・2種類の夢 
・コミュニケーションの質で人生は決まる  

第1章 人生を変える脳の説明書 〜成功者と失敗者の違いは何なのか?〜
成功はスキル 
・幸せでない成功は、失敗と同じである 
・成功は習得できるスキル 
・NLPとの出会い 
・脳の説明書 
・「絶対に成功する」  フォーカスの重要性  
・年収1億  
・フォーカス 
・脳の働き 
・結果を想像できているか? 
・ポジティブシンキングは信じない 
質問が人生を変える 
・質問の質 
・質問するとフォーカスが変わる 
・これは科学なのです 
・成功者の質問 
・欲しい結果は何なのか? 

第2章 あなたの心はあなたの人生を制限している!
〜なぜ、あなたは行動できないか〜
人生の傷み 
・1日3万回以上の思考 
・痛みに感謝する 
リミティング・ビリーフを取り除く 
・潜在能力が使えないメカニズム 
・リミティング・ビリーフ 
・リミティング・ビリーフを取り除く 
・本当なのだろうか 
・あなたは何にでもなれる! 
・リミティング・ビリーフの探し方 
・潜在意識 
・リミティング・ビリーフを削除する 

第3章 自分とのコミュニケーションが人生を変える!
なぜ、質問はあなたの人生を変えるのか?〜
自分との対話 
・自分への質問 
・脳はグーグル 
・信念も作られていく 成功者はどう自分と対枯しているのか
・成功者の質問
・痛みを楽しみに変える
・他人の邪魔
・7歳の私 人生を幸せにする質問 
・100万ドルの損 
・自分に力を生む質問 嶌どんな感情を持っているだろう?」 
・自分に力を生む質問◆屬匹鵑雰覯未鮟个靴燭い里?」 
・自分に力を生む質問「今、人生で何に感謝できるだろうか?」
・自分に力を生む質問ぁ屬海譴料農欧蕕靴い箸海蹐浪燭?」 
・自分に力を生む質問ァ屬匹使えるか?」 
・自分に力を生む質問Α屬匹Δ靴燭蕕茲衫匹できるか?」 
・自分に力を生む質問А屬海離廛蹈札垢鬚匹Τ擇靴瓩襪?」 
・自分に力を生む質問─嶌、何を与えることができるか?」 
・自分に力を生む質問「今、完壁なこの瞬間に、どう感謝できるだろうか?」
・自分に力を生む質問「私にエネルギーを与書くれる少量でおいしい料理は何だろうか?」
・自分に力を生む質問「今日何を学んだか?」 
・自分に力を生む質問「今、自分に問いかけることができる最も良い質問は何か?」 
・質問を続ければ、答えが得られる  成功者は何を億すのか? 
・成功者の言語 
・失敗者の文 
・成功するためのフレーズ 

第4章 誰とでも話せるようになるコミュニケーションの心理学
〜どうやって良い人間関係をつくるのか〜
相手を勒かす心理学! 
・問題解決の質問 
・合意に向けての質問 

第5章 折れない心をつくる心理学
〜なぜコミュニケーションがこわいのか〜
聞くスキル 
・コミュニケーションにおける問題 
・メタボな言葉 
・4つの聞くレベル 
恐怖に勝つ 
・拒絶される恐怖に打ち勝つ方法 
・拒絶に打ち勝つ 
・拒絶された数だけ成功する 
・コミュニケーションに拒絶はない 
・拒絶はチャンス 
心理的抵抗に打ち勝つ 
・コミュニケーションにおける抵抗をなくす方法 
・議論はしない 
・問題を質問に変える 
あとがき 
訳者あとがき 


  • 2015.01.31 Saturday
  • 本☆(ビジネス書)
  • 22:39
  • comments(0)
  • -
  • -
  • by Kay

おすすめ!会計天国 竹内 謙礼、青木 寿幸 著

こんばんは。

紹介されて読み始めた『会計天国』。
heaven_s.jpg
小説を読みながら、会計を楽しく学べる本。

小説としても、十分楽しいので、おすすめ!


☆目次☆
序章 「1週間後に、お亡くなりになります」
第1章 なぜ、「儲かっている」と言われる会社が、倒産するのか?
第2章 価格競争に陥ったら、会社が必ずやるべきことが一つある
第3章 粉飾決算という泥沼から抜け出して、再生する
第4章 部長課長が同期との競争に勝って出世する方法
第5章 会社の戦略が変われば、組織も当然、変わる
最終章 「幸せ」になろうとする意志


  • 2014.12.30 Tuesday
  • 本☆(ビジネス書)
  • 21:26
  • comments(0)
  • -
  • -
  • by Kay

満足度200%!小山薫堂の幸せの企画術 

こんばんは。

今夜はDIME主催の小山薫堂の幸せの企画術に参加してきました!

ずばり、満足度は200%です。
最近海外の有料セミナーに参加して、目は肥えていますが、
無料だとはにわかには信じられない素晴らしい内容でした。
DIMEさんに感謝です!


くまモンの生みの親でもある1964年生まれの熊本県出身の放送作家、脚本家(おくりびと)、ラジオパーソナリティ、作詞家、小説家、経営者と多才すぎる方の1時間半にわたるセミナーは濃厚のひとこと。

DIMEさん、素晴らしい企画をありがとうございます!
競争率は高かったと思いますが、幸運にも当選!
運は強いんです♪
今日もたくさんのメモを取りました。5ページ半くらい!

中でも印象的だった言葉をご紹介しますね。
・新しいアイデアのヒントは全て日常の中にある!

・「もったいない」という視点で見る。もっと面白くなるには?良くなるには?と考える。

会社の受付がもったいない!受付嬢を置くのはもったいない!そうだ、会社の受付をパン屋にしよう!という発想。
メリットはたくさん!普通の人がパンやコーヒーを買いにやってくる。パン屋が目印になる。オフィス街のランチ難民を救う。来客には秘密基地のようにパン屋の奥のオフィスを訪ねる喜びがある。社販で社員がパンやコーヒーを買える。受付嬢(店長)の人件費は売上でまかなうことが出来る。

・サプライズを社内で行う バースデーパーティのトラップのレベルが高すぎて、遊びが仕事になった。(チャラい副社長に向けたCHALIE VICE。Lie=うそ バイスプレジデント=副社長) http://chalievice.com/

・ブランディングは感情移入

・地域おこしの例その1)
山形鶴岡市イタリアンレストラン「アルケッチャー」 新宿で働いていた奥田氏の人気店。生産者をその気にさせるためにしたことは、グリーンシート(優先席)を設けたこと。予約なしで訪れることが出来、お客様が自分の野菜を食べている姿を見ることが出来る。

・地域おこしの例その2)
ななつ星。満席になっても儲からないが、九州のためにGO。地元の人のもてなし力。沿線の人が窓辺に花を植えた。地域総出で乗客をもてなす。駅で和太鼓で乗客を迎える。それまでは地元で披露する場所がなかった。

・くまモンプロジェクト 九州新幹線に合わせて2010年に依頼がくる 
そもそも観光とは何だろう?から考えた

・くまもとサプライズ 自分の周りにあるいいものを探す  

・シンプルなマークにデザインフィー3ケタは自分でも描けると思われ、くまモン誕生=キャラクターは描けない、納得。

・最新のくまモン情報
営業部長兼しあわせ部の部長。熊本県民が幸せになるために。

・幸せとは探すものではない。幸せは気付くもの。

・2015年 くまモン座

・くまモンがブレイクした3つの理由
1.著作権をフリーにした
2.慮る力がある
3.リーダーに恵まれた (県知事)

・企画とはサービスである。サービスとは思いやりである

・その企画は新しいか?その企画は自分にとって楽しいか?その企画は誰を幸せにするのか?この3つのどれにもあてはまらなければやらない。

・センスは知識で作られる(水野学)
知識とは経験の事。

・教養とは人を許すためにある (石田純一)
石田氏は年間に200冊読む。

・知性とは人を和ますためにある。知性や教養で人を傷つけてはいけない。

・褒められても七掛け 叱られても七掛け (グリルフレンチ主人)

Q.気付くきかっけについて
A.いろいろな視点で見る。子供のころから感情移入している。自分がマイクだったら?マイクの一生は?マイクの夢は?妄想する。いろいろな人の気持ちになる。新しい、アイデアはなかなかない。何かと何かをかけ合わせる。なるべくたくさんの情報を知る。すぐに使えなくてもいい。頭の中に入れて、すぐに出せるようにしておく。

Q.子どもへのアドバイスを
A.熊本県天草市に民宿がある。漁師の家にホームステイできる。知らない人と寝食を共にする経験はおすすめ。

観光は人。その人に会いたい。

人間の本能:喜んでもらえるのがうれしい。
学びの多い1時間半でした。

  • 2014.11.18 Tuesday
  • 本☆(ビジネス書)
  • 23:35
  • comments(0)
  • -
  • -
  • by Kay

ジム・コリンズの12の質問+α

こんばんは。

皆さんの中にはビジョナリーカンパニーを 読んだ方も多いのではないでしょうか。
私は全部は読めていないのですが、2冊目のGood to Greatが好きです。


週末受けたジム・コリンズのセミナーは最高でした。 
ジム・コリンズの英語サイトにはJim's twelve questionsがあります。
おすすめなので、日本語訳をご紹介します。

存続の原則を考える上での12の質問。

1.我々は永続する偉大な会社(またはソーシャルセクターの企業)を作るために、「第5水準のリーダーシップ」を目指して努力する意欲はあるか?

2.「誰を選ぶか」「バスの正しい席に適切な人が乗っているか」の原則を実践しているだろうか?
良い人を偉大な人を成長せさせる、コーチングする。

3.厳しい現実は何なのか?「ストックデールの逆説」を人生にうまく取り入れるにはどうすればいいのか? *ストックデールは1967年に捕虜になった将軍。。絶望しなかったのは揺らぎない信念があったから。 現実に直視できることは大事。同じ捕虜で楽観的な人は死んでいった。

4.我々の「針鼠の概念」(すなわち、我々が情熱的に夢中になっていることは何か?我々が何が最も得意なのだろうか?我々の経済(資源)エンジンを駆動させるものは何か?)について、我々は今までのところ何を理解しているか?
ハリネズミのコンセプト 
1)情熱を持って取り組めること 2)自社が世界一になれる部分 3)経済的原動になれるもの この3つがかさなるところ。

5.「20マイル行進」(厳しい環境下でも断固として一定のペースでやり続けること)にコミットすることによって、我々はどのように「弾み車」の作動を加速させられるか?
自分をコントロールしながら、一貫してパフォーマンスを出す。

6.「銃撃に続いて大砲発射」の原則に基づき、大きく仕掛けるのはどこかー創造力と規律を融合させてイノベーションを計測する。
*テストする

7.我々に「衰退の5段階」の兆しはないだろうか?死の境から距離を保つために十分な「建設的なパラノイア」を持っているだろうか?
乗り越えられた失敗から学ぶ。

8.我々は「時を告げるのではなく、時計を作る」ことに関して改善できることはないだろうか?
価値に基づいた偉大な文化が必要。

9.我々は「ANDの才能」を情熱的に信奉しているだろうか?特に「基本理念を維持し、進歩を促す」という基本概念の持つ力を。 価値観を変えずに行動を変える

10.我々の社運をかけた大胆な目標BHAG( Big Hairy Audacious Goal)は何か?それを達成するためのSMaCレシピを持っているだろうか?
SMaCとは Specific(具体的である) Methodical(整然としている) and Consistent(一貫している)

11.運がいい時も悪い時も、自分たちの戦略を適応させながら、我々がどのようにROL(運の利益率)を増大させられるか?
一番偉大なリーダーは言う。
「運があった」 自分自身を洗脳。
粘り強さ=運の秘訣
運の定義:運に対するReturnが高かった。
絶対に失敗しない。
絶対に止めないこと。

12.我々は何をやめるべきか。
×To do list ◎Stop doing list 何を止めるかをリスト化すること。

13.他人にどのように貢献できるか? どのようにして、他人の人生をより良く変えていきますか?
成功するだけが重要ではない。
貢献することが大事。

13は英語にはありません。セミナーで追加されていました。
マーケターの私に一番しっくりきたのは13かもしれません。
貢献できる仕事をすれば、お金は後から付いてくるはず。

  • 2014.11.17 Monday
  • 本☆(ビジネス書)
  • 23:50
  • comments(0)
  • -
  • -
  • by Kay

セミナーズフェスタ2014 Day3 トム・ピーターズ濃厚っ!

こんばんは。

今日はセミナーズフェスタ3日目でした
http://festa.seminars.jp/201411/lecturers/

今日は7つのテーマのうち6《逆境を乗り越える力》
そして、7《時代を超える力》富を生み出す力でした。

最初の登壇はホリエモン。
写真の堀江氏は痩せてかっこいいのですが、
実物は少し丸顔でしたね。あ、どうでもいい?


昨日、イスラエルから帰国したそうで、
いろいろとイスラエルのお話を聴かせてくださいました。
イスラエルの企業率は7割だとか。 会社を売ったり、
買ったりすることをタブー視する日本は 世界のスピードに
付いていけないと言ってました。 日本のビジネスマンである
私たちに厳しいのも、 自らが経営者で投資家だからだろうな。
彼のセミナーで印象的だったのは、 今ある技術を使えば
色々なことが出来る。 世の中にはたくさんの技術が
あふれていることを知らないだけ。 組み合わせて作る。

続いて、ビデオ出演によるJay。

最後かもしれないと言う、ジェイ・エイブラハムの
3日間のセミナーに4月に参加しましたが、最高でした。
が、彼の良さは1時間くらいでは伝わらないんです。
ジェイ大の申込者はたくさんいたそう!
私はジェイ大行っていませんが、ジェイを学ぶ同士として
嬉しく思います。

さらに、春に続いて登壇された池松さん。

50歳を過ぎているのに、ものすごく若々しいんです。
40代に見えます、本気で。 そして、低姿勢なんです。
水を飲むのに、断りを入れる講師です。
見習うことが多すぎて・・・。 感謝です。

そして、オオトリはトム・ピーターズ。

盛りだくさん過ぎて、メモ魔の私も付いていくのに必死。
成功するために失敗することの大切さと 女性の時代について、
様々な人やメディアから引用して 何度も伝えてくれました。
がんばろうっと。

これからの10年の「成長と衰退の分岐点」において、 必要とされるもの。
1《ビジョンを描く力》
2《ストーリーの力》
3《マーケティングの力》
4《チームをつくる力》
5《富を生み出す力》
6《逆境を乗り越える力》
7《時代を超える力》

  • 2014.11.16 Sunday
  • 本☆(ビジネス書)
  • 23:29
  • comments(0)
  • -
  • -
  • by Kay

セミナーズフェスタ2014 Day2 ジム・ロジャーズすごっ!

こんばんは。

今日はセミナーズフェスタ2日目でした
http://festa.seminars.jp/201411/lecturers/

今日は7つのテーマのうち富を生み出す力でした。


これからの10年の「成長と衰退の分岐点」において、 必要とされるもの。
1《ビジョンを描く力》
2《ストーリーの力》
3《マーケティングの力》
4《チームをつくる力》
5《富を生み出す力》
6《逆境を乗り越える力》
7《時代を超える力》
そして講師はジム・ロジャーズ、午後は竹中平蔵、和仁達也、
そしてジェームス・スキナー。(敬称略)

やばかったです!

春のスプリングフェスタでも登壇されていた竹中氏を除き、
他の方の講演は初めてで興奮しました。

特に、世界三大投資家、冒険投資家のジム・ロジャーズ氏。
良すぎて、追加でセミナー終了後のセミナーに申し込み♪


ジム・ロジャーズの本は何冊か読んでいましたが、実物はもうすごすぎ〜!

プライベートセッション参加者の意識が高くて、とても刺激を受けました。
海外口座、不動産投資、している人の多いこと!

19世紀はイギリス、20世紀はアメリカ、21世紀は中国の時代になる。
中国は世界を変える。とのこと!

ジェームス・スキナー氏もとても良かったです。

今読んでいる、コヴィー博士の完訳 7つの習慣に
スキナー氏のDVDが付いているので、観るのが楽しみ!


明日も10時スタートで、9時半には海浜幕張に着いていたいので、
お風呂入って寝ま〜す!





  • 2014.11.15 Saturday
  • 本☆(ビジネス書)
  • 23:33
  • comments(0)
  • -
  • -
  • by Kay

calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
User Heat
facebookページはこちら↓
あなたの「幸運引き寄せパワー」をupさせるヒント http://www.facebook.com/kay.kouun
最大70%OFFの優待価格
☆ギルト・グループは2000円。 http://www.gilt.jp/invite/kay07 ☆グラムール セールスは最大5000円。 http://glamour-sales.com/register/0JNR ☆ブランズ・フォー・フレンズは1000円。 https://www.brands4friends.jp/e/0tFLRTlFa
初期費用期間限定!今だけ0円
selected entries
categories
archives
recent comment
  • イニシャル入りオーダーバッグ☆ROOTOTE GALLERY 代官山店
    Kay(管理人) (01/29)
  • イニシャル入りオーダーバッグ☆ROOTOTE GALLERY 代官山店
    つばさ (01/29)
  • 新種のナンパに注意@銀座
    Kay (08/02)
  • 新種のナンパに注意@銀座
    noriko (08/02)
  • 迷ったらここ!おしゃれなデザインのスマホケースがたくさん。
    Kay (03/15)
  • 迷ったらここ!おしゃれなデザインのスマホケースがたくさん。
    高瀬賢一 (03/15)
  • 15分でできる美味しいおからと豆乳のヘルシーバーグの作り方
    Kay (03/13)
  • 15分でできる美味しいおからと豆乳のヘルシーバーグの作り方
    高瀬賢一 (03/13)
  • 先月東京初出店した名古屋で大人気の「がブリチキン。」@名駅3丁目店
    Kay (03/11)
  • 先月東京初出店した名古屋で大人気の「がブリチキン。」@名駅3丁目店
    Kay (03/11)
search this site.
recommend
Good Luck
Good Luck (JUGEMレビュー »)
アレックス・ロビラ, フェルナンド・トリアス・デ・ペス, 田内 志文
私のブログに遊びに来てくれたみんなならもう既に読まれた方が多いと思います。もしまだという方がいればぜひ。
links
profile
others
mobile
qrcode
PR
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座